監督・編集:三野龍一
​脚本:三野和比古 プロデューサー:三野博幸

製作年:2020年(日本) / 135分
製作・著作 ALPHA Entertainment LLP ( 三野博幸 / 新谷幸由)
配給:MINO Bros.
(ALPHA Entertainment ・ ALPHA STYLE Inc. 三野博幸/
S&A Inc. 新谷幸由)

ABOUT THE MOVIE

INTRODUCTION

処女作「老人ファーム」で兄弟独自の世界観を見事に作り上げ、1作目にして渋谷・ユーロスペース他・全国ロードショーを経た兄・三野龍一が監督、弟・三野和比古が脚本を担当する、兄弟映画制作チーム「Mino Bros.」による渾身の第2作品「鬼が笑う」。
主演は1作目に続いて半田周平が務めた。

STORY

親父の暴力から母・妹(家族)を守るために親父を殺めてしまった正義感の強い石川一馬は、長い刑期を経て更生保護施設で生活を始める。更生施設で無気力に生活し、職場のスクラップ工場では「人殺し」と呼ばれるが、反論をせず、ただ淡々と業務をこなす。無為に日々を過ごす中で、長男として家族をまとめることが自分の生きがいとなっていた。家に引きこもる母を心配し、一馬は足繁く母親のアパートに尋ねるが、母にはお前が家族を壊したんだと追い返される。
一馬は自分にできることはもう何もないのだと全てを諦めかけていた。ある日スクラップ工場で、外国人労働者へのいじめに巻き込まれる。みんなが見て見ぬふりをしている中、なりふり構わず、止めに入った中国人労働者の劉の姿に一馬は目を覚めさせられる。
劉と交流する中で、自分が望む幸せの為に、もう一度立ち向かっていく一馬。