CAST

石川一馬 役半田周平

兵庫県出身。映像や舞台の様々な現場でコミカルからシリアスまで幅広い役を演じ、人間の真に根差し心に迫る演技の追究に取り組み続けている。本作『鬼が笑う』は、MINO Brothers第一回作品『老人ファーム』に続いて二度目の出演となり、役者として、チームとして、前作を超える新たなる一歩へと踏み込んだ作品である。

https://shuheihanda.themedia.jp/

劉煒 役梅田誠弘

1983年生まれ。鳥取県出身。22歳から俳優活動を始め、準主演を務めた『かぞくへ』(16/春本雄二郎監督)で素朴な漁師の青年を演じ注目を集めた。出演作には釜山国際映画祭ニューカレンツ部門でグランプリを受賞し話題となっている『由宇子の天秤』(21/春本雄二郎監督)や、『VIDEOPHOBIA』(19/宮崎大祐監督) 、『獣道』(17/内田英治監督)、ドラマ『盗まれた顔』、『ワールズエンドファンクラブ』(19/平波亘監督)、『僕等の夜明け』(山本尚志監督)などがある。

https://twitter.com/Route66Std?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

石川由紀子 役赤間麻里子

1970年神奈川県出身。19歳より無名塾に入塾。在籍中は年130ステージの全国ツアーに毎年出演し、、ミュージカル、舞踊含め外部の作品にも多数参加した。10年間在籍後退塾。2012年『わが母の記』(原田 眞人監督)のオーディションを経て映画デビュー。以降、映画を中心に、テレビ、CF含め話題作品に多数出演している。近年の主な出演作に、『無頼』(20/井筒和幸監督)『騙し絵の牙』(21/吉田大八監督)『るろうに剣心最終章The Final』(21/大友啓史監督)『プリテンダーズ』(熊坂出監督)がある。

http://www.jfct.co.jp/b_akama.html

石川修造 役坂田聡

1971年12月21日生まれ、福岡県出身。1993年明治大学在学中ジョビジョバを結成。2002年に活動休止。その後、俳優としても数多くの映画、ドラマに出演。近年の主な映画出演作に『百円の恋』(14/武正晴監督)、『探偵はBARにいる3』(17/吉田照幸監督)、『AI崩壊』(20/入江悠監督)『京町ロワイヤル』(20/武正晴監督)、『喜劇 愛妻物語』(20/足立紳監督『アンダードッグ』(20/武正晴監督)などがある。

http://www.fathers.jp/sakata.html

大友まどか 役大谷麻衣

1989年生まれ。千葉県出身。映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍。主な出演作は、映画:『娼年』(18/三浦大輔監督)、『向こうの家』(17/西川達郎監督)、『星の子』(20/大森立嗣監督)、ドラマ:Netflix 『全裸監督』(19/武正晴監督)、『相棒17』(19/最終回ゲスト)、 U-NEXT『左ききのエレン』(19)などがある。写真集『MAI OHTANI』は、写真家・篠山紀信の撮り下ろし作品である。

https://www.moon-aries.net/

石川一馬(青年期) 役中藤契

1997年6月19日生まれ。沖縄県出身。世間に流されず、信念をしっかりと持った無骨な俳優。映画『それぞれのヒーローたち』(18/渡邉世紀監督)若杉透役にて、映画デビュー。映画を中心にマルチに活動。映画『ミは未来のミ』(20/磯部鉄平監督)山形役など、他多数出演。

http://premium-zero.com/%E4%B8%AD%E8%97%A4%E5%A5%91/

石川まどか(少女期) 役大里菜桜

2008年1月生まれ。香川県出身。5歳で『百年の時計』(12/金子修介監督)にて主演の幼少期役としてスクリーンデビュー。映画『海月姫』(14/川村泰祐監督)でも主演幼少期役で出演。たか松BONSAI大使として自身が3カ国語で歌った曲『盆栽たいそう』のMVがハリウッド国際映画祭にて2部門を受賞。アンパンマンの英語CD『それいけ!アンパンマンえいごでうたおう』をVAPレコードよりリリース。現在多数の企業CMやイメージキャラクターとして出演する他、小中学生雑誌『ニコ☆プチ』 専属モデルとして活動中。

https://hollywoodlatte.com/osatonao.html

桃園誠 役木ノ本嶺浩

1989年11月22日生まれ。第19回ジュノン・スーパーボーイコンテスト特別賞受賞。『仮面ライダーW』(10)にて仮面ライダーアクセル照井竜を演じる。『芥川龍之介の恋』(15)で一人芝居公演を果たす。 映画『追憶ダンス』(17)にてFOXムービー短編映画祭・審査員特別俳優賞受賞。主な出演作に映画『009ノ1』『三尺魂』ドラマ『ボンビーメン』『太陽と海の教室』舞台『遠い夏のゴッホ』『LOOSER』など。2020年12月10日~Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』が全世界配信。

https://www.village-entertainment.jp/artists/kinomoto.html

山田 役小池誠徳

1968年12月27日生まれ。40歳後半から俳優の道へ。本作「鬼が笑う」で映画デビュー。礼儀正しく、規律正しく、笑顔は絶やさない!人の良さはピカイチ!
舞台「諸君、狂いたまへ!吉田松陰密航記」米蔵役
舞台「綱豊郷御浜御殿」綱豊役

http://premium-zero.com/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E8%AA%A0%E5%BE%B3/

神谷信太郎 役鳥居功太郎

京都造形芸術大学(現 京都芸術大学)映画学科を一期生として卒業後、つかこうへい作品を中心に上演する劇団にて俳優として活動。その後、市村正親氏の付き人として、一年間市村氏と時間を共有していく中で、師の生き方や作品に対する姿勢に大きく感銘を受け、自身も俳優の道で生きていく事を決意する。付き人辞任後、大小問わず舞台を経験。その中には野田地図「MIWA」などがある。現事務所に所属し、映像へも活躍の場を広げる。近年の出演作に『37seconds』(19/HIKARI監督)、『とんかつDJアゲ太郎』(20/二宮健監督)、ドラマ『知らなくていいコト』(狩山俊輔・塚本連平演出)などがある。

http://www.jfct.co.jp/b_torii.html

林 役大窪晶

1975年生まれ。東京都出身。演劇集団円、俳優部所属。2015年にピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団出身のダンサー達 と共に製作した『SOMAプロジェクト』の出演を果たし、日 本・ドイツ公演に参加。2017年には舞台『後ろの正面だあれ』 (作 別役実)に出演、『DOUBLE TOMORROW』(吉祥寺シ アター/作・演出 ファビアン・プリオヴィル)では企画・出 演。2019年、舞台『#マクベス』(日本・マカオ公演)ではバ ンクォー役で出演。他、数多くの舞台・ドラマに出演。

http://www.enkikaku.jp/men'sprofile/okubo-prof.html

瀬川 役齋藤博之

1984年7月27日生まれ。元、和食の板前。俳優へ転身後、多数の映画、CMなどに出演。イカつい見た目と鋼の筋肉とは真逆に、繊細で、穏やかな性格。本作ではイカつい部分を全面に演じさせていただきました。映画では『IN ANOTHER LIFE』(15/速水雄輔監督)主演中田役、『「16」と10年。遠く。』(20/川延幸紀監督) 金谷智役、『怖い警察~恐怖の復讐刑事篇~』(15/オオタタケシ監督)カタギリシンゴ役等に出演。

http://premium-zero.com/%E9%BD%8B%E8%97%A4%E5%8D%9A%E4%B9%8B/

井上 役矢戸一平

1982年7月9日生まれ。神奈川県出身。2011年、劇団東京乾電池に入団し、舞台を中心に活動している。2018年『さらっていってよピーターパン』、2019年には演出・柄本明の『飛んで孫悟空』などに出演。映画では2012年『指さきのそのさき』(山田修平監督)。映画への出演は今作『鬼が笑う』が2本目である。

https://www.knockoutinc.net/artists/?id=1423258150-242868

加藤 役夢麻呂

娯楽エンターテインメント演劇集団『熱きロマンを胸に、生きる勇気と希望を与えるべく突っ走り続ける奴ら。』主宰。1990年主宰劇団を旗揚げ、以降、2015年劇団活動休止までの全作品に出演、作、演出を手掛ける。劇団活動以外にイベント・結婚式の司会者、トークライブ、演技講師としても活動中。現在は舞台役者・演出家として外部公演で活動。舞台1990年~2015年『YANKEE STADIUM20XX』(現『熱ら。』)公演。3ヶ月連続自主プロデュース公演『夢麻呂フェス』(18)。他ドラマやリポーターとしても活躍。

https://teamyyy.wixsite.com/yumemaro-fes

白川 役柴田鷹雄

1985年12月6日生まれ。茨城県出身。2011年、劇団東京乾電池に入団。舞台では2020年『虚空』に出演。映画では2017年『怒り』(16/李相日監督)、『止められるか、俺たちを』(18/白石和彌監督)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』(19/蜷川実花監督)などに出演。

https://www.knockoutinc.net/artists/?id=1423255918-968692

チャン 役和田昭也(ぱろぱろ)

グエン 役大久保健(ぱろぱろ)

NSC(吉本総合芸能学院)東京校NSC18期生。コンビ名はフィリピンパブの隠語で「浮気者」。大久保健と和田昭也が2016年に結成したお笑いコンビ。大久保は1993年10月30日生まれの千葉県出身、和田昭也は1992年12月09日生まれの茨城県出身。2人とも、フィリピン人の母と、日本人の父の間に生まれるという同じ境遇の元で育ち、自身のルーツを活かしたネタを披露。「ザ・ノンフィクション」に出演し、一躍話題に。現在はヨシモト∞ホールを主な拠点として活動中。

https://twitter.com/bokuo_oukob?s=20

https://twitter.com/akiya1212?s=20

ニコラス 役リロイ太郎

1993年12月17日生まれ。ケニア・ナイロビ出身のハーフ。NSC(吉本総合芸能学院)東京校NSC18期生。2016年に結成された漫才コンビ「コロナクラウン」のメンバー。

https://twitter.com/leroytaro?s=20

倉元 役月亭太遊

1984年4月21日生まれ。大分県出身。本名は後藤征平。NSC(吉本総合芸能学院)大阪校26期生。元は漫才コンビ「はだか電球」として活動し、ピン芸人や期間限定ユニットを経て、2010年に月亭遊方へ入門。2013年から京都府住みます芸人として活動し、2017年には拠点を大分県に移し活動中。漫才コンビ時代はM-1グランプリに準決勝進出、ピン芸人時代はR-1ぐらんぷりにも準決勝進出するなどの実力の持ち主。2016年には日清食品「どん兵衛東西対決」WebCMに出演。映画出演も複数している。映画「見栄を張る」(藤村明世監督)、「マザーレイク」(瀬木直貴監督)、「神様の轍」(作道雄監督)など多数。

https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=5936

近藤 役亀岡園子

1953年5月18日生まれ。大学卒業後すぐに米ニューヨークに転居し、在米7年の間に4人の子供をもうける。作家・遠藤周作主宰の劇団樹座の活動を通じて芝居の面白さに目覚める。1996年、通訳者養成学校で通訳技術を学び3年で卒業。以降、通訳として活躍。2010年、女優の夢を諦めきれず、本業としての通訳業を辞め本格的に芝居を始める。出演作品には、映画『なりゆき魂、』(17/瀬々敬久監督)、米映画『イコールズ Equals』(15/ドレイク・ドレマス監督)、Netflix『野武士のグルメ』などがある。

http://www.esartist.jp/artist2/artist/sonoko_kameoka.html

西野 役堤満美

1988年9月24日生まれ。滋賀県出身。京都藝術大学(旧:京都造形芸術大学)舞台芸術学科卒。主な出演作品に舞台「五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ~2016広島版」(蓬莱竜太演出)、舞台「路上1」(川村毅演出)、映画「恋のプロトタイプ」(14/中村公彦監督)などがある。前作「老人ファーム」からMino Bros.に参加し、出演に加えキャスティングも担当。出演だけにとどまらずに、舞台や映画を使って自分にできることを広く模索中。近頃の趣味は相撲観戦であり、自宅で密かに四股を踏む練習をしている。

http://premium-zero.com/%E5%A0%A4%E6%BA%80%E7%BE%8E/

桃園さくら子 役落合亜美

1998年10月6日生まれ。神奈川県出身。幼少よりクラシックバレエを学ぶ、本に囲まれて生活したいと思う傍ら、本の世界を表現したい、自分を表現したいと思い、役者の世界へ。会えば分かる、不思議で魅力的な雰囲気を持つ俳優。本作がデビュー作品。役者、モデルとして活動する。

http://premium-zero.com/%E8%90%BD%E5%90%88%E4%BA%9C%E7%BE%8E/

大友正樹 役小松勇司

1988年11月1日生まれ。滋賀県出身。21歳で会社員を辞めた後、大阪を拠点に俳優活動を開始。舞台では劇団赤鬼「コズミックラテ」、システィーナ歌舞伎『GOEMON』、映像作品では『カーネーション』、『るろうに剣心』などに出演。舞台ラフカットオーディションを受けるため2012年に上京。近年の出演作品には、舞台iaku『The last night recipe』、映画『アルキメデスの大戦』『海賊と呼ばれた男』『愚行録』『レンコーンの夜』では主演を演じ、ドラマ『白い巨塔』『貴族探偵』またCMなど多数出演。

http://www.ca-yoshikawa.com/luckyriver/komatsu.html

大友みゆ 役池村咲良

千葉県出身、2012年2月生まれ。6歳より東京オリンピックマスコットモデルや「ニコ☆プチKIDS」モデルとして活動。屈託のない可愛い笑顔と高い演技力が評価され子役としても数多くの作品にて活躍。7歳で出演した警視庁薬物再乱用防止映像「表札のない家 ~薬物はもういらない~」では作品が映文連アワードにて<ソーシャル・コミュニケーション部門> 部門優秀賞を受賞。現在複数の企業CMやドラマに起用される注目子役。

https://hollywoodlatte.com/ikemurasakura.html

ムーディ勝山 役ムーディ勝山

1980年06月11日生まれ。滋賀県出身。NSC(吉本総合芸能学院)大阪校 23期生。かつてはアイスクリームという漫才コンビで活動しており、2010年に解散。現在はピン芸人及びタレントとして活動している。ムード歌謡風のネタ「右から来たものを左へ受け流すの歌」で一躍話題に。テレビ、ラジオなどのメディア出演はもちろんのこと、コラムへの連載なども行うなど活動の幅を広げている。

https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=298

ガラの悪い男 役バースデーこうだい

1990年2月25日生まれ。大阪府出身。NSC(吉本総合芸能学院)大阪校35期生。2014年4月~1年間、丸亀市専属住みます芸人「まるがめ→ゼ」のメンバーとして活動。その後は拠点を東京に移し、現在はピン芸人として、主によしもと∞ホールを中心に活動中。吉本興業のナルシストアイドルユニット『NALU-SEE☆』のKODAI、3ピースバンド『Na$Ka』のベースボーカルKDとしても活動している。ダンス、音楽、ミニ四駆、漫画など幅広い特技と趣味をもつ。

https://twitter.com/bd__kd?s=20

女性社員 役帆南

大阪生まれ、東南アジア育ちの英語、日本語、関西弁喋れるトリリンガル。現在韓国語習得中。趣味は激辛巡り、旅行で特技はスポーツ、変顔、バカヂカラ。TikTokのフォロワー28万人以上。“日本人に英語&外国の文化を、外国人に日本語と日本の文化を”をモットーに発信中。ハッピーと元気をお届けし、楽しい事が大好き!いーっじょう♫

http://premium-zero.com/%E5%B8%86%E5%8D%97/

松本 役岡田義徳

1977年3月19日生まれ。岐阜県出身。1994年、ドラマ『アリよさらば』(TBS)で俳優デビュー。映画『ときめきメモリアル』(97/菅原浩志監督)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。近年の主な出演作は、『純愛湘南組!』(Amazon)、『電影少女‐VIDEO GIRL MAI2019‐』(TX)、『主婦カツ!』(18/NHK-BSプレミアム)、映画『王様になれ』(19/オクイシュージ監督)、『3人の信長』(19/渡辺啓監督)、『生理ちゃん』(19/品田俊介監督)、『コンフィデンスマンJP』(19/田中亮監督)、『今日も嫌がらせ弁当』(19/塚本連平監督)、舞台『泣くロミオと怒るジュリエット』、『銀河鉄道の夜2020』『No.9-不滅の旋律-』など。

http://nabura.co.jp/artist/yoshinori-okada/

ポイ捨てビジネスマン三野博幸

登山帰りのおばさんちろ

バス乗客の女性三柴あゆな

バス乗客の女性瀬川実穂

セクシーな女性結城あい

施設受付のおじさん宮本亮

施設食堂のおばさん三枝翠

ガラの悪い男甲田健

勧誘される男性瀧航大

商店街の母親石田優奈

商店街の父親後藤龍馬

商店街の娘細谷優衣

新人日雇い労働者高田みちこりあん

労働者木村和幹

労働者増子光

労働者山田笑李菜

居酒屋の店主林崎倫夫

釈源光

松本の妻芝本智美

松本の息子大迫芽生